受験奮闘記

0

    国公立前期試験終わりました!

    今年の高3生のことを振り返ってみると、うーーーーん、全体的にはやり残した感が残ってしまいましたね。

    のんびりした学年で、どうなることかと正直少しあきれてしまう時期もあった学年でした。

    精神的にも幼さが目立ち(かわいいところでもあるのですが)…やはり受験は厳しかったと思います。

    周りよりも本人たちが身に染みて感じ取ったと思います。

     

    センターで失敗?(本人たちの力不足だと…)思うような点数がとれず、志望校の変更に右往左往…

    なかなか落ち着いて最後の追い込みに集中できなかった生徒さんもいます。そんな中、確実に点数をとれていたのは、

    部活終了後どんどん伸びてきていた生徒さんと、少し余裕を持ちながらもしっかりとやるべきことをやってきた生徒さんです。

    そしてセンターはとれなかったものの、自治医一次通過された生徒さんも同じく今までのがんばりがしっかりと結果として

    のこりました。そして私立入試が始まり、幼いころからやってきたviolinの方向へと志望校を決めていた生徒さんの合格!

     

    彼女のことは6年間みてきましたが、本当にこの一年で成長しました。表情も話し方も何もかも…受験っていいものだと実感させてくれました。

     

    そして、昨年度の卒業生たちからの嬉しい合格報告が届きました。浪人している間もたびたび連絡をしてくれ、状況などを教えてくれました。昨年悔しい思いをした分、精神的にも大きく成長したなと思いました。そして、もう一人浪人生がいますが、前期試験前日、電話がかかってきて、「先生、緊張しすぎてやばい。何か一言言って」と。「今年の君は絶対大丈夫やから、しっかり目を開けて問題読むだけでいい(笑)」と言いました。私は普段の授業から、よほどの確信がもてない限り「いける」と言うことはありません。だからこそ、「いける」と言って送り出した生徒さんの合格発表は本当に緊張します。発表は10日です。

     

    毎年のことですが、センター報告、泣きながら電話報告、受験地からの私立の合否報告、試験後のできの報告、そして保護者の方からの予備校相談…。合格報告はもちろんですが、自分の弱さや、嫌なことの報告もしっかりしてくれるクラウド生、そんな時、

    微力ながら私なりに何かできたのかと思うことができます。彼らを通わせてくださった保護者の皆様には感謝の思いでいっぱいです。後期もありますが、前期で完全燃焼が合言葉です。後期に関しては、今後の勉強云々ではなく、現時点で勝負はついていると思っています。受かるべくして受かるのだと…もうすぐ卒業式、この日は一生に一度の特別な日です。心配はおいといて、とにかく卒業をお祝いさせていただきたいと思います。

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    • 合格体験談 東大(理科3類) 武田悠人くんより
      Human Races
    • 新中学1年生 体験授業(2月11日 13:00〜14:30)
      ecco shoes
    • 防衛医科大学校合格!
      clarks boots
    • 週末はセンター試験
      addidas nmd
    • 文理高校卒業写真!
      jordan 11
    • 合格体験談 東大(理科3類) 武田悠人くんより
      kyrie irving shoes
    • 徳島大学 医学科 合格体験記
      ultra boost
    • 徳島大学医学科 追加合格!おめでとう!
      longchamp bag
    • 2018 現小6 中1授業の体験授業について
      nike air vapormax
    • 新中学1年生 体験授業(2月11日 13:00〜14:30)
      kyrie irving shoes

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM